シンプルに、ネガティブにポジティブに生きる

プロフィール

ナカタさん

Author:ナカタさん
現在23歳。

温泉と読書、自然をこよなく愛する。

あと、丸いボールとは10年以上の腐れ縁である。




「森の生活」  ヘンリー ディビッド ソロー


私は静かに生きるため、森に入った。
人生の神髄を吸収するためだ。
命ならざるものは拒んだ。
死ぬ時、悔いのないよう生きるため。

I went to the woods because
I wanted to live deliberately.
I wanted to live deep, and suck out all the marrow of life.
To put to rout all that was not life...
and not,when I had come to die,
discover thet I had not lived.



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「南宇和高校というのは、ここから近いんですか?」

僕はやはり、そう尋ねずに宇和島駅の改札を通過することはできなかった。


プラットホームには雪が降っていて、早く停車中の電車に乗って体を温めたかった。この数泊の小さな旅で僕が犯したミスは少なくないが、最前線で体を守るはずの防寒着に、学生時代から愛用しているラルフローレンの緑の布地ワイシャツを選んでしまったことはその中でも最大最悪のものだった。


唐突に質問されてしまった駅員さんは、少し困ったような顔を浮かべてこう言った。

「南宇和高校ですか。ちょっとわからないですね。市内ではないと思うんですけど。。」


彼女はまだ若く見えた。たぶん20代前半だろう。髪は黒く肩の辺りまで伸びていて背は158cmくらい。マスクをしていて顔の全体的な容相は掴めなかったが、目はぱっちりしていたのでかなりの美女ではないかと思った。NHKの「ウェルかめ」に出てくるヒロインに似ている。顔のわりには話し方はいささか冷淡で、そっけない印象を与えた。連日にわたる客への対応や元日にも関わらず働いていること、四国では稀な寒波の到来が彼女をそうさせているのかもしれなかった。



僕は

「あ、そうですか。すいません、ありがとうございます。」

と言って、


足早に3番ホームへと続く階段を昇り降りして一両編成の閑散とした電車の席に腰をおろした。



見上げる空はどんよりと曇っていて、朝から続く雪の傘降はやみそうにない。




2001年度の全国高校サッカー選手権で愛媛県代表の南宇和高校は山形県代表の鶴岡東高校に対して6-0で勝利した。

鶴岡東高校は、僕が高校時代に対戦した最後のチームである。


だからなのかもしれないが

2009年12月31日の大晦日を宇和島のコラルホテルで迎えた僕は、ふと思ったのである。

「あぁ、このあたりで、この山の多い港町の近くで南宇和高校サッカー部はパスやシュートを練習していたんだな。」






スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。