シンプルに、ネガティブにポジティブに生きる

プロフィール

ナカタさん

Author:ナカタさん
現在23歳。

温泉と読書、自然をこよなく愛する。

あと、丸いボールとは10年以上の腐れ縁である。




「森の生活」  ヘンリー ディビッド ソロー


私は静かに生きるため、森に入った。
人生の神髄を吸収するためだ。
命ならざるものは拒んだ。
死ぬ時、悔いのないよう生きるため。

I went to the woods because
I wanted to live deliberately.
I wanted to live deep, and suck out all the marrow of life.
To put to rout all that was not life...
and not,when I had come to die,
discover thet I had not lived.



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


H君に音読をしてもらう

夕方、私が古いスーパーカブを適度に飛ばして家路に着くと、H君はそのエンジン音を盗み聞いて自分の部屋を出る。

そして、私の後ろをついてきて、部屋に上がりこむ。

私はもう分かっている。

H君の目的が私からなんとかして煙草代をせしめることだということを。

H君に比べれば幾分「働き者」である私は、いつも根負けして彼に320円を貸してしまう。

でも最近、ただで貸すのはなんかしゃくなので、彼に何か働かせなければいけないと思っていた。

そこで、彼には私の好きな文学作品を音読してもらうことにした。

H君は、no cigarettes no life な人間なのですぐに音読を承諾した。

文学にまるで関心を示さないH君にドストエフスキーや漱石、ソローなどを私の目の前で音読してもらうことは、どこかサディスティックな快感を催させるものである。

「下を向かんで、背筋を伸ばして。」

「もっと腹さ力入れて!」

「そんな棒読みじゃ、すばらしい作品が台無しやん。感情こめれっちゃ」

などと、気付かぬうちに私自身が注文をつける白熱ぶり。

H君も面白い文章を読むと、「これって俺のこと?」などと言って笑いが漏れる。

最近じゃあ、部屋に来るなり、「今日は何読めばいいん?」などとと言う始末。


煙草代を無利子で貸す代わりに音読をしてもらう。 

いいこと思いついたもんだなぁ。そして、いいことしたもんだなぁ。

もしH君が私に出会わなければ

「罪と罰」も「こころ」も「森の生活」も、一生触れる機会がなかったかもしれない。

だが今、彼は既に人類の残した偉大な書物の一端に触れたのである。



あ、そうだ。今度は腹筋しながら音読ってのもいい。


スポンサーサイト

教育について少し思ったこと

日曜の、いつもよりは憂鬱な夜、NHKを見ている。

経済的な理由で進学や通学ができない高校生が今、増えているという。

そして、心の中で思う。

「俺は大学で学べて、時間を与えられて、やっぱり幸せなのだ」と。

そして、もう少し思う。 

「偶然幸せなのだ」と。

たまたま、経済力のある親に恵まれて、偶然幸せなのだ、と。

そして、最後に思う。

「偶然、不幸になりえた」と。

この国では、これはもはやわかりきったことなのだが、経済力がある程度なければ教育を受けることができない状態になっている。

もし、私が、経済的な理由で高校を中退せざるをえなかったとして、

エリックホッファーのように、日雇い仕事に従事しながら、図書館に通う情熱と好奇心を持ちえただろうか。


よくわからないけど、教育を受けたい人が教育を受けれるというのはけっこう大事なんじゃないかと思う。

僕はとっても狭量で、自分のことばかりしか考えない人間になっちゃったけど、もう少し他の人のことも考えないと、つまらなくなるかもなぁ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。