シンプルに、ネガティブにポジティブに生きる

プロフィール

ナカタさん

Author:ナカタさん
現在23歳。

温泉と読書、自然をこよなく愛する。

あと、丸いボールとは10年以上の腐れ縁である。




「森の生活」  ヘンリー ディビッド ソロー


私は静かに生きるため、森に入った。
人生の神髄を吸収するためだ。
命ならざるものは拒んだ。
死ぬ時、悔いのないよう生きるため。

I went to the woods because
I wanted to live deliberately.
I wanted to live deep, and suck out all the marrow of life.
To put to rout all that was not life...
and not,when I had come to die,
discover thet I had not lived.



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07年の6月中旬の日記

今の僕を 

simon&garfunkelが歌う「The boxer」の歌詞で表現すれば


when i left my home and my family, i was no more than a boy

ってな感じなんだけど、

24才で出迎えた6月はまぁ、可もなく不可もない。

もともと独りでも人生を楽しむ術を知っている方だと思うし

職場の人間関係だってうまくこなせるようになってきている。

布団に入れば5分後には寝息をたてることもできる。

学生時代に熱中したフットサルやサッカーからは少し距離を置いたけど

同じように熱中した読書は肌身離さずにいる。



人生の時間は限られている。

一方で、やりたいことは多い。

「やりたいことがやれる時代」に生を受けた僕は幸せだと思う。

でも、最近思うのは、自分がやりたいことをやるには強い意志とエネルギー(体力)が必要だということだ。

一日の仕事が終わり、疲れた体に鞭を打って、それでも「やりたいこと」をやれるだろうか。

世間という荒波が覆いかぶさってきても吹き飛ばされない心をもっているだろうか。

それとも、くらげのようにフワフワしながら、適度にみんなと青信号を渡るだろうか。

薄暗いオレンジの明かりに照らされ、読みかけの本をポトンと床に落としたと思ったら、次の朝へ運ばれている僕自身へ問いかけます。











スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。