シンプルに、ネガティブにポジティブに生きる

プロフィール

ナカタさん

Author:ナカタさん
現在23歳。

温泉と読書、自然をこよなく愛する。

あと、丸いボールとは10年以上の腐れ縁である。




「森の生活」  ヘンリー ディビッド ソロー


私は静かに生きるため、森に入った。
人生の神髄を吸収するためだ。
命ならざるものは拒んだ。
死ぬ時、悔いのないよう生きるため。

I went to the woods because
I wanted to live deliberately.
I wanted to live deep, and suck out all the marrow of life.
To put to rout all that was not life...
and not,when I had come to die,
discover thet I had not lived.



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


’06、7月31日の日記

第2クォータが終わった。単位がすべて取れていることを期待しつつ、夏休みモードに入るって感じだ。


今週の土日はフットサルの公式戦があった。

結果は一勝一分。

上を見ればきりがないけど、それでももっと上を目指したいと思う自分がいた。

*******************************



そういえば、アンディは今頃どうしているだろうか。
四国の地で忙しく働いているんだろうか。
この夏は中国の実家に帰るのかな。

彼とはよく話をした。

サッカーの話、来日してからの苦労話、中国の街や人の変化の程度など。

まぁ、それでも大半はエロい事や好みの芸能人のことだったような気がする。

男という生き物は、どこでもそんな感じなのかもしれない。


*******************************


先日、格安価格でゲットした自転車を近くのスーパーに停めていった。

夕方学校から戻ると、停めていた場所には何もなかった。

誰かが、ちょっくら乗っていったのかもしれなかった。

わずか一週間くらいしか使っていないのに僕は失くしてしまった。

また徒歩通学か。歩くのは好きだけど自転車乗るのも好きなんだよな^


さて、この夏はセッション3つがんばって、その合間にはいろいろしようかな。
 
「ハチミツとクローバー」っていう映画観たいな。あと、「ゲド戦記」も観たい。

スポンサーサイト

’06 7月13日 の日記

今日はゆかちゃんの授業で、こずみと隣同士に座った。「今年の夏は旅に行かないの?」と聞かれて「今年は行かないよ。」と言った。そしたら、なんか寂しい雰囲気になった。それもそのはず。こずみと僕は大学中の夏休みに2回一緒に旅に行ったのだから。この時期(暑い)になると、やっぱ去年の中国のこととか思い出してくる。はずれのない中華料理の店や24時間座りっぱなしの電車のこととか、今となっては笑えるけどその時はかなり痛かった事件のこととか。けど、時は過ぎてもう僕らは卒業が近いことを思うとちょっと切ない。世界は変わり続けて、友達も変わり続けて、僕自身も知らない間に変わり続けて、食堂のナスの揚げ出しの味はあんまり変わらない、なんかそんな感じだ。

そして、イントラスの練習にも参加させてもらった。レベルが高くて、ついていくのにやっとだった。けど、楽しかった。もっとうまく、強くなりたいと思った。


明日は1限。もう遅いし、寝よう。


’06 7月12日 の日記

☆フットサル

今日は昼からフットサルの練習にいった。

体を温めてから、30Mの距離を数本ダッシュしたり、俊敏性を高めるために細かいステップを踏んだり、5M、10M、15Mの距離を行ったり来たりするシャトルランという練習をした。ボールを使ってジグザグドリブルをしたり、リフティングもした。

もっと練習しようと思っていたが、途中で雷が鳴り始めて雨が降ってきたので切り上げた。けど、1時間くらい経ったら晴れてきたので待てばよかった。

もうちょっとうまく自転車に乗れてたって思うけどまだあまり感覚を取り戻せてないかな。がんばりましょう。もっとタフになりましょう。



☆熱い温泉

ジダンが衝撃的なヘッドテポドンをマテラッツぃに炸裂させてから3日が経った今日、僕は亀川の筋湯に挑戦した。

この温泉ははっきりいって熱すぎる。浜田温泉が温く思えるほどだ。入り口を通り抜けようとした時、おばちゃんが「この温泉熱っちいけえな。気ぃつけえや。」と言ったが僕は半信半疑だったし、「俺は大丈夫だ。浜田温泉も余裕だし。。」なんて井の中の蛙状態に陥っていた。

体を洗ったあとこの温泉の熱さを前に途方にくれていたが、後から入ってきた近所のおじさんの一言が僕を目覚めさせた。

「初めての人はよう入りきらんじゃろぅ。へっへへ~。」

ってことは初めての人は入るのが難しいってことか。よし、おれは入るぞ。だいたい風呂に来といて湯船に入らないなんて損じゃないか。そう思った僕は意を決して片足を膝くらいまで一気に沈み込ませた。しかし半端なく熱い。やばい。一瞬で「うぉわぁ!」とか新種の叫び声を挙げて足を上げた。おじさんはニコニコ笑いながら見ている。「チックショー」とか思いながら必死で赤くなった足をさすった。おじさんがヒントをくれた。「かき混ぜればいいよ。」そっか、と思ったので早速たらいを手に持ってかき混ぜた。おじさんも一緒にかき混ぜてくれた。そしたらおじさんは一気に風呂に入り肩まで浸かった。笑っていた。けど、なぜか2秒くらいですぐ上がった。熱いのかなって思ったけど笑いながら上がったのでそんな気はしなかった。オジサンは、「熱いって思うから熱いんじゃ。」って言った。なんかわからんけど、説得力があった。そして僕は心をなるべく無心にして一気に胸くらいまで浸かった。激痛っていうか激イタっていうか激アツだった。心の中で「よっしゃ。俺はやったぞ。」と思った。3秒くらい経ったのでそろそろ出ようと上に動いたら、おじさんが「肩まで浸からんといけん。」と言った。「マジすか~。最近は半身浴が体に良いらしいっすよ~。」なんて言おうとしたけど根性なしと思われるのもなんかヤだから頑張って肩まで浸かってみた。「いや、まじ、マジで熱いっす。」ってなるべく多くの人に実況中継したかったが、結局オジサン一人に実況した。風呂から上がった後、イモムシみたいにごろごろと体をくねくねさせていた自分を見てオジサンは吹きだしながら笑っていた。いいオジサンだった。

そして、北朝鮮が本物のテポドンをどこかの国に炸裂させないことを願った。


銀杏のがぶがぶDieアリー呼んでたらミルクがぶがぶしたくなった。


’06、7月2日の日記

2006年もいよいよ7月に入った。

大分は梅雨で湿気も多いうえに、ついでに暑さも加わってるから人間にとって容赦ない。けどまぁ、夏っぽいっていったら夏っぽくなってきたかなって思う。

1.ジダン!ジダン!ジダン!

W杯が始まってもう3週間以上経つ。大会前、僕は以下の国々がダークホースになると予想した。

日本。ウクライナ。イラン。メキシコ。チェコ。

しかし、日本とイランはグループリーグ敗退。チェコもガーナのカウンターに沈没。ベスト16に残ったウクライナとメキシコもそれぞれベスト8,16で敗退している。特にメキシコには期待していただけにとっても残念だ。残念だ。「残念無念また来週」って言いたいくらいだ。

だから、ベスト8が決まった時点でもうアルゼンチンとフランスを応援することにした。

そして、フランス。いやジダン。この大会で引退宣言しているジダン。

昨日ブラジル倒しちゃいました!

ジダンもキレキレで、ブラジルディフェンス相手に普通にボールキープしてました。ジダンだけでなく、フランスはアンリやマケレレ、ビエイラとかも調子上がってきたみたいで、期待が持てます。次は7月6日。

「レ・ブルー」が決勝へ向けてポルトガルを迎えます。



2.「Pretty Nagasima」

最近、僕が「プリティ長嶋」に似てるという噂が飛び交っている。

僕はテレビをあんまり見ないから「プリティ長嶋」という方の顔もわからないし、似てると言われてもどうもピンと来ない。そこで、早速ネットで調べてみた。するとどうだ。なかなかどうして、けっこう似てるじゃないか。自分で言うのもなんだけど、特に目が似ている。僕が笑った時は、ー自他共に認めるがー 「エロ目」になる。実はこの「エロ目」の部分が実によく似ていると思う。

しかし、僕はあまりうれしくはない。この「プリティ長嶋」という方は、個人的に判断するとあまりかっこよくないし、もう40代の男性だ。彼に「似ている」ということは、。。。。。。。。。。。。。。。

そう、そういうことなのだ。

だからあまりうれしくはない。どうせならキムタクとか福山雅治とかっていうイケメンに似てると言われたい。

え?  自分の顔を鏡で3時間ぐらい正座しながら見てみろって?

いやわかってるって。あくまで想像(妄想)での話だから。そこはツッコミ一回くらいで抑えといて。。想像(妄想)するなら誰でもできるっしょ。想像(妄想)は人間に備わっている数少ない「幸せ仮体験マシーン」やろ。有効に、どんどん使ってこうじゃない

3.課題

最近の僕の課題のひとつに、「ツッコミ」がある。僕はボケるほうが性に合うので、今まではボケ一筋で生きてきた。しかし、最近はボケだけ出来てもいいツッコミができなければ「おもろない」と、誰かさん(Fromシガ)に指摘され、壁にぶち当たっている。

会話の中で自分なりに「ツッコミ」を実践しているのだが、どうやらかなりレベルが低いらしいし、見ていられないシロモノらしい。ダウンタウンの松っちゃんとかすごくうまいから、少し研究しようかなとも考えている。けど、テレビ見ないからな。どうしたものか。。けどこれは「地頭の良さ」もある程度影響しているかもしれない。それに、育った環境とかも。残念ながら僕は東北出身なので、笑いに厳しい関西圏で修羅場を体験してきた、「笑いの猛者」ではない。スマップじゃないけど、「育ってきた環境が違うからツッコミ下手なのは否めない~」って言えたらどんなに楽だろうか。ボクの苦悩はまだまだ続く














上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。