シンプルに、ネガティブにポジティブに生きる

プロフィール

ナカタさん

Author:ナカタさん
現在23歳。

温泉と読書、自然をこよなく愛する。

あと、丸いボールとは10年以上の腐れ縁である。




「森の生活」  ヘンリー ディビッド ソロー


私は静かに生きるため、森に入った。
人生の神髄を吸収するためだ。
命ならざるものは拒んだ。
死ぬ時、悔いのないよう生きるため。

I went to the woods because
I wanted to live deliberately.
I wanted to live deep, and suck out all the marrow of life.
To put to rout all that was not life...
and not,when I had come to die,
discover thet I had not lived.



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


’06、5月31日

29日の夜に大阪行きのバスに乗り込み、翌朝7時ごろに京都駅に着いた。京都駅からは電車で大阪へと向かった。この日から三日間お世話になる友達と合流した後、フットサルをしたり、「デイジー」を見たりして有意義な一日を過ごせた。おおきに。

今日は朝4時ごろ起きてから代表のドイツ戦を見て朝からテンションが高くなり、その勢いに乗って心斎橋や梅田といったところを案内してもらった。Tくやに礼を言いたい。

明日は別府に帰る予定。急ピッチで体重減らして、走れる体にせんと。いろんな意味で、言葉に責任を持ちたいと思います。
スポンサーサイト

’06,5,28

先程、引越し業者が来て僕の4畳部屋は幾分広くなった。宅急便だと13000位かかるところを、ヤマト便で送れば5000円ですむという事実は新しい発見だった。意外と知らない豆知識だぜこれ!

1.リアル

先日、最新号のヤングジャンプで漫画の「リアル」が久しぶりに登場した。その中で、野宮っていう人物が自分なりに最初の一歩を踏み出しているシーンがあって、僕としてはそれがとてもすがすがしく思ったり、立ち読みしつつも目頭が熱くなる5秒前くらいまでいった。

その他にも、お互い不仲が続いていた父と息子が一緒に住みはじめ時のシーン(息子が父親に向かって「負け犬ですね」と言った時、父親が「じゃあ、誰が勝ったっていうんだ?」っていうひとコマは考えさせられる)など。

2.料理をすることの効能

昨日テレビで面白い情報を耳にした。どうやら、料理をすると以下のような効果があるらしい。

・美肌になる
・頭の働きがよくなる

よって、料理をする人はボケにくいし、きれいになるらしい。おばちゃんが元気で、長生きするのもこの事実が少なからず関係しているらしい。料理といってもそんな難しいものではなく、ねぎを切ったりするだけでも少しは効果があるらしい。

番組が終わったあと、僕はなるべく自炊する決意を固めたのであった。

3.運動とこころの関係

憂鬱な気分でいる時、歩いたりジョギングしたりボールを蹴ったりすると、必ず気分が晴れやかになる。なんていうか、ポジティブになる。僕は基本的に出不精でネクラな方だと自覚しているから、フットサルを好きでいなかったらって思うとちょっと笑えない。。何が言いたいかって言うと、体と心って連動してるってこと。体を動かせば心がすっきりするべ!





’06、5,24.

よし、

そろそろ別府に帰ろう。

学校に通おう。

フットサルを再開しよう。

温泉に入ろう。

職を探そう。

ギターを弾こう。

海に入ろう。

誰かと馬鹿話しよう。

しばらくは九州(大分?)に住むかもしれないな。

まぁ、それもOKだ。











Look who's alone now?

さらけだせ俺。

誰かいってたなこの言葉。ヒロキかな確か。

けど俺はさらけだせない。さらけだしてたまるかよ?笑 

俺に二階堂持って来い~。


恋。

恋ってなんか、「言葉」であるだけで、俺の頭の上で一人歩きしてる感じがする。


恋は幻想なのか? 言葉では表現できないもの?

そもそも、恋って全員がすべきもの?


臆病者は参戦不可能。 傷つくの恐れちゃいけないよねぇ。

ああ。そうか。そうだよねぇ。そりゃそうだ。

ふふ。なんで23歳にもなって悩むんだよ・・

人間の間で行われる行い。

けど、楽しもうか。

けど、苦しもうか。

Goodbye my lover. I'm so holloow.






















’05、5,20、again.?

1。再発見

藤沢周平という作家がいる。

「たそがれ清兵衛」、「隠し剣鬼の爪」などで知られる。

私の実家から車で30分もかからない生家の出身だ。

再度考えてみると、私の故郷はなかなかどうして自慢するに値する。

庄内平野。

普段住んでいるとその良さがわからないものだが、ひさしぶりに帰ってくるとその雄大な自然の景色(出羽三山、田んぼ)や日本海など、高校時代には気にも留めなかった魅力が発見できる。

俺は、この感受性を大事にしたいと思った。


2.James Blunt 「Back to bedlam」

彼の曲は心に染みる。最近はエンドレスだ。

曲は暗い。それがいい。それでも希望がある。

僕は「暗いこと」や「ネガティブなこと」が悪いことだとは思わない。

だって、それは起こりうることだから。時に味わうことがあるから。

それを乗り越えるために人間は苦悩するのだろう。

3.片思い

片思いは最高だと思う。片思いしてる間が一番幸せではないか。相手の本質を知ったら、時々失望することもあるだろう。けど、それを許す心も時に必要だという気もする。人間は完璧になれるわけないしね。俺も、欠陥だらけだ笑。少ない恋愛経験であるが、これが俺の私見だ。やばい、もっと経験が必要かな。コワイけどねぇ。


4.ワールドカップ


6月。いよいよW杯が始まるのである。サッカーという麻薬に冒された僕にとっては、W杯はスペシャルだ。幸い、日本戦(船?)も予選は午後10時からなので、夜更かしの心配はない。ただ、ブラジル戦は午前4時からなので徹夜覚悟だ。その他にも徹夜をしなければならない試合はあるだろうが、大歓迎だ。サッカーで徹夜なら何のためらいがあるだろうか。4年に一度だ。

日本という一つの国単位で応援するのももったいない。韓国であったりイランであったりメキシコであったり、W杯は他の国も応援するほうが得だ。
サッカーというひとつのスポーツに、こんなにも多くの人々が狂喜するのだから。

メッシー。まだドリブルできないの?

ルーニー。まだ走れないの?

俺はもう彼らの動きに溺れてしまっている。









06'5,20

最近、二つの映画を見る機会に恵まれた。

「誰も知らない」 「パッチギ」

二つとも、「ゼッタイ見る映画リスト」に入っていた映画だ。

1-誰も知らない

まず、親の責任の重要さに考えさせられた。子供を産むということ。それは私たちが友達と遊ぶことと同類のことではない。好きなCDを気軽に購入することと同類のことではない。人を、人を育てなければらないことだ。自分の生活を維持しながら。。とても今の自分にはに荷が重過ぎることだと思った。しかし、実際には望まれないで生まれる予定の子供もいる。世の中に、「幸福」と「不幸」という言葉の存在する意味がわかった。

子供達は私たちが思うよりもずっと大人だ。敏感だ。彼らが手持ちのお金で懸命に生きる姿を観た。私が生きる人生は100年に満たないが、傷つける人をなるべく減らして生きて生きたいものだ。けど、それは傲慢かな。。

2-パッチギ

身近にいる「人間」に優しくなれること、勇気を出すことが最初の一歩に思えるけど、その一歩がまた遠いんだなぁ。あきらめんな~自分。。
頭固いかな俺は。考えることだけはあきらめずにいたいな~。それが行動につながった例を体験したから。

ところで、フォーククルセダ-ズ。1968年に8ヶ月だけ活動したフォークバンド。一気に関心を持って、好きになったかも。京都出身だってね。京都は美しい景色が多いから多くの天才を生み出すんだろうか。うちの両親も大ファンだってことを今頃発見。CD、聞きました。
ビデオもみました2002年の一回きりのコンサートビデオも録画してた。。。「悲しみは~」とか今度ギターで練習しよう。


3ーバルサ優勝

17日に行われたチャンピオンズリーグ。眠いけど観ましたよ午前3時35分。。。トップレベルでした、僕は見とれました。バルサがいつ逆転するかを今か今かと待ち構えてました。案の定ね、バルサがその強さを見せ付けてくれました。言葉では伝えるのに不十分だからもう何も書きません。。

4ー泥酔を踏まえて

今、私は泥酔している。このような状態になると人間は感情を吐き出したくなるようだ。私もその例に漏れない。

2006,5,10

バトン関係が初めて回ってきたけど、いきなりキスかよ!

恥ずかしいな。

まったく、答えたくなさそうでいて実は答えたいようなテーマだな。

Q1ファ―ストキスの年齢は?

確か10代前半だよ。

Q2今までキスした人数は?

う~ん、片手で数えられるくらいだよ。

Q3GREEの中でキスしたい(してもいい)人いる?

それは恥ずかしくて答えらんないだろ。

Q4今までしたキスの中で一番ロマンチックだったキスは?

めっちゃプライベートじゃない?遠距離の時、別れのバス出発直前とか。

Q5では逆に最悪だったキスは?

ない。

Q6どんなキスが好き?

そんな個人的趣向答えらんないよ笑 

Q7付き合った人数とキスした人数って比例する?

する。

Q8自分自身キスが上手だと思いますか?

下手だよ。

Q9最近キスしましたか?

してない。

Q10あなたにとってキスとは?

なんだろな。わかんない。

Q11このバトンを回す人

これ見たらやってくれ。

つよぽん。ぼうくん。拓也。ゆういち。トーマス。


’06 5/10 

今日は5月10日。東京での就活ももうすぐ終わる。

う~ん、勢いよく東京に乗り込んできたものの、約3ヶ月を経て全く結果がでていない。世の中ってのは全く厳しいものだ。俺も悪いんだけどね~。人生の急行列車には乗れないかもな~。まぁ、俺は鈍行列車も好きだけど笑



6月からは別府に帰って授業再開だ。しっかり単位も取らないとな~。
フットサルも再開して、脂肪を落とすか。


’06 5/3

面接がある日、出かける前に鏡を見て自分の顔を見る。

そして、以下のような言葉を連発して言ってみるわけだ。

「お前はできる」
「お前って最高だ」
「お前って意外とイケるぞ」
「よし、しっかりヒゲ剃ったな!」
「自信がすべてだぜぃ?」
「何でお前はここにいるんだ?」
「酒飲んだ時のノリで行け!」
「チベットの地獄バスに比べてどっちがきついんだ?」
「浪人時代の俺が今の姿を見たらうらやましいと思うんじゃない?」
「(大地君とは友達でいたいの)って言われたあの夏よりマシだろ」
「ってかお前老けた?」

etc...

そうすると、なぜか俺は「よし、いくぞ!」的なモードになれる。

こういった行為のヒントは、実は2002W杯の韓国代表にある。

ベスト4まで進んだ彼ら。その中でも現在は名実ともにアジアのスーパースターであり、当時は若手だったある選手が試合前に自分の顔を鏡で見て自信をつけていたらしい。そう、かつては京都でもプレーしていた

朴智星(パクチソン)選手である。

W杯後はオランダのPSVを経て、今はマンチェスターユナイテッドでレギュラーとして活躍している。

自信を持ちたい人は一度試してみてはどうだろうか。ポイントは恥ずかしがらずにやることかな。

おっ、マンUといえばルーニー選手が負傷してしまってW杯に出れるかわからないという大変な事態になっている。心配なのはイングランドの親父たちが夜眠れているのかどうかということだ。久しぶりに巡ってきた自国優勝のチャンスがあっただけに。。個人的にも本当に残念だ。神様はなぜ彼にこんな試練を課したのだろうか。イングランドを勝たせたくないのだろうか。メッシにしてもヤナギにしても、なんとか間に合って欲しい。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。