シンプルに、ネガティブにポジティブに生きる

プロフィール

ナカタさん

Author:ナカタさん
現在23歳。

温泉と読書、自然をこよなく愛する。

あと、丸いボールとは10年以上の腐れ縁である。




「森の生活」  ヘンリー ディビッド ソロー


私は静かに生きるため、森に入った。
人生の神髄を吸収するためだ。
命ならざるものは拒んだ。
死ぬ時、悔いのないよう生きるため。

I went to the woods because
I wanted to live deliberately.
I wanted to live deep, and suck out all the marrow of life.
To put to rout all that was not life...
and not,when I had come to die,
discover thet I had not lived.



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



ブログ内検索



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006,4,28

土曜日を前に、今は目の前で「朝まで生テレビ」が流されている。早く寝ようと思うが、メディアのあり方について語っている人達をもうちょっと見ていようと思う。


昨日の夜は六本木のクラブでなかなか刺激的な夜を過ごした。

夜10時ごろにトモからお誘いの電話があり、面白そうだったので行ってみた。今日はドリンク半額らしい。ここのところ自分的にはけっこうハードな日程だったのでここらでストレスを一気に発散する意図も含まれていた。

さて、六本木だ。
実はここには初めて来る。外人の町とは聞いていたが、まったくその通りだった。比率としてはAPUを軽く超えるだろう。友達が紹介してくれたクラブにはセクシーなギャルがいたが、いかんせん男の比率の方が多かったので、当然競争率が高い。ましてやそういった猛者どもをなぎ倒してまで美女に声をかけるという気概は俺にはない。だから、しばらくはジントニックを手に様子を見ていた。俺のボルテージは「恋のマイアヒ」が流れ出した時に最高潮に達した。「踊る」という行為は普段ならなかなか恥ずかしいものだが、こういったクラブではそれがあまり恥ずかしくない。よって、おおいに踊った。もうひとつの収穫はイングランドボーイとW杯について話したことだ。彼はイングランドとブラジルの決勝を予想していた。まぁ、なかなか現実味のある予想だ。→日本はブラジルからまけるってことか。ふ、予想ってのはあくまで予想だ。覆されることもあるぜ;。

その後店を出て始発を待っている間、トルコのケバブを食べた。これはうまい!トルコ万歳、ケバブ万歳! マクドのハンバーガーよりうまいぞ。そのケバブを自腹でクラブの前に倒れているおじさんにあげたナターシャ万歳!

あと、ヒルズにも行った。中に入ろうとしたが、さすがに午前3時ではしまっていた。あ、そういえば堀江さんが保釈されたそうだ。8キロもやせて、長髪だった。この2ヶ月、もっぱら読書と韓国語の勉強に励んでいたらしい。なぜに韓国語? あぁ! 多分韓国人に恋してるんだろ。



スポンサーサイト

’06 4/26(水)

もうすぐゴールデンウィークかぁ。最近、時間が過ぎるのがとても早い。早くナイテイもらいていな~、なんていうことを心のどこかに置きながら、粘っている本田です。

5月の連休はフットサルの「日本代表対ブラジル代表」を観戦する予定。あと、鈍行に乗ってどこかのひなびた温泉にでも行こうと考え中。

では、明日も早いから今日はここらでお暇します。

2006,4,23

明日は免許の更新にいこうと思う。日曜日だけど早起きして、ぱっぱと行こう。

1.年齢

23歳になったばかりなのだが、普段はこれといって心境の変化を感じないのは、感受性が失われた証なのか。。変わったことと言えば、履歴書に年齢を書く時の心境だ。「おお、20代前半の後半に突入しちゃったぞ!!」みたいな。
来年は24で,再来年は25,26歳か.。。

って年の心配してる暇ないよ自分!まずは今だよ。そして明日でしょ~。いろんな一日を重ねて、気づいたら年取ってる。それでいいじゃない!?





2.こんな時にどうでもいいように思えるがどうでもよくない事

語学を勉強する動機のベスト3には、「恋愛」が挙げられるのではないかと思う。というか最近そのことに気づいた。

いきなり僕は何を言い出しているのだろうか。

まあ、要は下に書いてあるように、ちょっとした反省というか願望のようなものだろう。

もっと韓国語を真面目に勉強していればよかったと思う。いや、正確に言えばこの半年間韓国語の音読を一日10分でも続けるべきだったと思う。そして基本的な日常会話能力を維持、またはあわよくばその上昇を試みるべきだったと思う。ゲストハウスには様々なバックグラウンドを持つ人が居て、その中には韓国語をネイティブとする人が居て、彼女は日本語を熱心に勉強していて、日本語をネイティブとする僕にいろいろ聞いてくるとして、しかも明るくてさっぱりしていて年上だったとしたら。こんな人生の展開を僕は半年前に予期していなかったのが歯がゆい。「恋愛小説家」という映画の名ゼリフにあったように、僕はもうちょっと「良い」人間になりたいと思った今日だった。

3.BADDAYという曲を聴きながら

最近はマックで履歴書を書いたり自己PRを確認したりしている。マックはコーヒーが100円なのでかなり助かる。誰かさんから、「100円コーヒーだけ頼んで数時間も居座るってどんだけ迷惑な客やねん」と突っ込まれたので今日は+アップルパイを注文してみた。>っていうかこれは五十歩百歩だよな^^^^BADDAYという曲は最近流行っているらしくて聞いてみたのだが、これがまたシュウカツ中の僕にぴったりの曲で。。。PVもけっこう面白いし、ぜひぜひお勧めなのだ。


Baby I Love you

暑くなってきました東京。スーツはそろそろ脱ぎたいですけど、まだまだ脱げそうもない模様(笑)ってか笑ってる場合じゃないよ俺~



1。美容魂

そういえば去年の今頃は無事に8キロ減量に成功し、頬骨がこけて顔も黒くて70年代のフォークシンガーぐらいの髪を目指し、まさに「青春時代」だった。

それが今じゃあ、8キロ減量前の体重に戻り、俺の美容魂はどこかに消えてしまった。。このままじゃあ、なんだかうだつがあがらないし、つまらない。なんとかしろ俺!

2.各停

最近は「急行」の満員電車に無理して乗らず、「各停」の空いてる電車に座りながら何かを読むという作戦に出ている。この作戦により俺は心に少し安らぎを与えることに成功している。ストレスなんて貯めたくないからな^







’06 4/12(水)

「とはいえ暮らしの中で、今動き出している歯車のひとつにならなくてはなぁ」

なんてミスチル桜井さんが俺の耳に囁いてくるけど、俺はいったいどういう歯車になるんだろうなぁ。まぁ、それを今探してるんだよねぇ。
おっけー、やったる~!まず動こう、


2006,4,10

4月も10日を過ぎ、少し暑くなってきたようですね。昨日髪を切ったら、おぼっちゃんみたいな髪型になって面接官受けがどうなるのかちょっと心配な本田です。


1.ハッピーな道

今日は埼玉で説明会。東京オフィスに寄って成績証明書と卒見書をもらってから行った。そして家に帰ってポストを開けたら1枚の封筒があったので開けてみるとなんと、、、

うわ~ん。第一志望の会社から不採用通知が来た!けっこう手応えがあったような気がしたのにな。凹む~。

なんてことだ。人生はなかなか思ったとおりにいかないなぁ。まぁ、思ったとおりにいったらつまらないか。きっと俺にはもっと別なハッピーな道が用意されているんだろうね。よし、じゃあまた明日からそれを探しにいこうか。


2.ランチ

 東京にいると、ランチに「松屋」や「吉野家」をよく利用します。どっちかっていうと松屋のほうが好きかな、だって豚丼が290円で安いんだもん(笑)しかもけっこう量もあっておいしいし。

’06 4/7(金)

東京に来る前は東京に住むなんて考えられない! と思っていました。が、最近は「まぁ、刺激的でいいじゃない。」なんて思ってきてる本田です。

田舎には田舎の良さがあり、都会には都会の良さがあると思いますので、どちらにも住める順応性があれば得かもしれないですね。まぁ、都会はストレスが多いけどストレスを発散する機会に溢れていて、田舎はストレスが少なく、ストレスを発散する機会は自ら作らなければいけない環境と思います。走ったりしてね。個人的には田舎のほうが好きかな。。

最近、自分の中で「こう生きる!」という軸を持っていきたいと思っています。東京にはいろんな人がいていろんな価値観を持っているように思います。その中で、「自分はどういう生き方をするのか」という自分のルールをしっかり決めていないと、何かうまい話があったりした時に安易にその方向にいってしまって大きな間違いを犯すことになるかもしれません。常に謙虚に、うまくいっても自惚れないで自分の立ち位置を冷静に見れる人間になりたいと思います。特に、すぐに人を信用してしまう、調子にのってしまう僕は、都会では要注意です。。





今日、ゲストハウスに3人新しい人が入ってきました。日本語が通じなかったのでこれからは世界語の英語で話すことになりそう。練習しなきゃね~。彼らはどんな価値観を持ってるの?それを知ることにわくわくします。3人とも、2008年にオリンピックが開かれる国がご出身のようです。





’06 4/6

1.バッタリ。。

今日、偶然にも古い友人にバッタリと再開した。品川から池袋へ向かう途中。渋谷に着いた山手線の電車がそのドアを開いた瞬間、彼が乗り込んできた。一瞬目が会ったときは、「あれっ?」って感じでどちらもその目を疑っただろう。「おお!久しぶりだの~。元気しっだ?(してる)」と、懐かしの庄内弁が自然に口を突いてでた。彼は高校時代サッカーに励んでいたころ一緒にがんばった仲間。今はピカピカの新入社員としてIT関係の企業で研修をがんばっている。去年は40社回って5社内定をもらったとのこと。しかも地元の奴が同期として入って、その子はなんと俺が高校時代の同じクラスで一番仲が良かったやつと親友だった。


2.偶然キャリア? たまたまの就職先が一番いい?

俺が就職先を選ぶ基準は

1.海外派遣のチャンスがあること 
2.経理、営業の募集があること。 
3.メーカーであること

ぐらいしかない。1の理由は、単純にその方がおもしろそうだからだ。一度の人生だからいろんな価値観に触れたい。2の理由は、大学で興味をもって学んだことが会計だから実務でも活かせると勝手に思うから。けど、最近は法人向けの営業とかもがんばればできそうかなと思ってきたりして。なんか家にいるよりも企業回って人と会って話する方が気持ちいいんだもん。まだやってないからわからないけど、一歩踏み出すことが大事かなって思う。俺は失敗を恐れすぎるからそれがいけない。失敗してしっかり落ち込んで、また起き上がればいいじゃんね。怖いけどさ。3の理由としては、福利厚生が良いところかな。寮とか。保険とか。

だ・か・ら、今日の2社も上の三つの条件を満たしているところ。

1社目は日立系列のところ。みんなの住む家を建てる大工さんは、この会社の製品を使うことでスピーディーに仕事をこなします。

2社目はTキメック。船舶が太平洋でどの位置にいるか、計測できる製品を製造しています。他にもたくさん作っています。APUの先輩が研修をなさっていて、いろいろお話しました。

人事の方の話がとても印象的。  

ある就職活動中の学生がいました。説明会に行こうとしましたが、道に迷ってしまい遅刻が確定。それでも行こうと、通りがかった人に事情を説明して道を聞きました。その人はある会社の社長で、彼に「うちで働かない?」とアプローチ。結局、採用が決まり生き生きと仕事をしているそうです。

この話を例に、人事の方はこう言い放ちました。

「自己分析しすぎて迷宮入りしないようにね。まずは一歩踏み出してみましょうよ。いろいろ見えてきますよ。人生って偶然もあるからさぁ。いまの自分で考えるのはもったいないよ~。人の可能性は広いから。偶然キャリアっていう理論もありますからね」

偶然に身を任せる。う~ん。ちょっと怖いけど、ちょっと納得してしまった自分がいました。













’06 4/4

1 今日の日記

ゲストハウスの住人から、「お父さんみたい!」と言われ、ちょっとうれしい反面、夏に向けて若返り計画も練っている本田です。

どうやら僕は、”落ち着いている”と思われているみたいです。
けど、心の中はぜんぜん落ち着いていません。悩みだっていっぱいあるし、テンパる時なんかしょっちゅうです。たぶんポーカーフェイスだと思われます。


さて、就活も2ヶ月近く行ってきて、変に慣れてきちゃってるかな?っていうのが今の状態です。もう一回初心に戻り、自分が何を目指しているのかを再確認して気を引き締めたいと思います。

二日後からはまた怒涛の日々が始まります。
まぁ、それさえも楽しめるようになれたらなって思いますね。

マイペンライ~!(大丈夫だよ) => このタイ語大好き!

2 すべて良し

「シーシュポスの神話」という本を昨年読みました。その本の中で、主人公のシーシュポスは、ある刑罰を受けます。

その「罰」とは、山の麓から頂まで、休みなく大きな岩を運ぶことです。

しかし、一度山の頂まで運ぶと、岩はそれ自体の重さでいつも転がり落ちてしまいます。

彼は、それをただ呆然と見守って、また麓に戻り岩を運びだします。

汗びっしょりで、泥だらけです。

永遠にそれが繰り返されます。それが彼の人生。

にも関わらず、下山の途中に彼は、「次こそは岩を頂上に!」と思っています。
時には笑みを浮かべながら、「すべて良し」と思います。



今、就活で自分の思い通りにならないことが多々あります。

だけど、「自分を信じること」や「希望を持つこと」は忘れないでいこうと思います。

シーシュポスみたいにね。








’06 4/2

4月1日の土曜日、APUイントラスメンバーとフットサル大会に参加し、見事優勝した。ひさしぶりの試合だったので、足にボールがつかなかった。しかし、みんなと楽しく、そして勝ちを目指すプレイが出来たことは、大きな財産だと思う。

そんななか、なんと拓也が4得点をあげて得点王になった。それに比べ僕はピボとして1点しか取れなくて悔しかった。拓也はモチべも高く、僕の気の抜けたプレイにはバシバシ激が飛んでくる。けど、言ってくれるだけありがたいと思わなきゃなぁ。僕の欠点を指摘してくれるんだから、そこを改善して少しでもレベルあげなきゃ。7月頃には、彼に何も言わせないレベルになっていたい。っていうか、逆に激を飛ばしたい(笑)


今日はサトーの面接。今まで一番鋭い面接だった。事業内容の説明とか、自己PR,志望動機、現時点での志望度合い、面接態度のフィードバックetc。かなり準備不足を痛感した。もっとしっかりしないと~。。。









’06 4/1

う~ん、この一ヵ月半関東で就活してきたけど、時の過ぎるのは早いもので遂に4月になってしまった。2月からもう2ヶ月経ったの?って思うけど、それだけ一生懸命だったってことなのかな。きっとそうだな。そう思い込むことにしよう。

今まで、面接を3回と集団討論を2回受けた。一番最初の面接は緊張し過ぎて変な敬語使ったり自分を良く見せようとし過ぎたけど、一昨日にあった面接では割と自然体で、自分という人間を見せれたと思う。っていうか、その企業は第一志望になっちゃった。本当に入りたい。事務系の働いてるところも見せてくれたし、工場も見せてくれた。埼玉県の真ん中ぐらいに位置しているし、畑もあってのんびりしてた。それに、国内で2~5年勤務したら海外に3年駐在できるチャンスもあるらしい。「生きてるうちにいろんなものを視る」という僕のテーマにぴったりじゃないか?そんなに甘くないものだろうけど、確実にモチベーションアップするよ。

よし、もっともっと忘れてる自分の過去を掘り起こしたりして、自分を知ることに力を入れよう。明日はサトーの面接。カジュアルウェアでいこうと思う。どの服着ていこうかな。

けど、実は俺、所沢にひとつしか私服もって着てないからいつも同じ服なんだよね。拓也に何回も突っ込まれてるよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。